物理シミュレーション

Let's stady STEM

物理シミュレーション

2018年4月19日 VPython 開発 0
概要

VPythonを利用して物理運動の物理法則のシミュレーションを行います。

先行事例

参考資料:National Science Foundation. Variable Assignment

開発


開発環境

  • VPython

http://vpython.org/

上のサイトからインストールしました。

手順

1. ブラウザを開き、VPython のサイト(http://vpython.org)を開く。
2. 画面の左側の「 Download:」から「Windows」をクリック。
3. 画面の一番下にある、「32-bit Python-3.2.2」と「VPython-Win-Py3.2-5.74」をクリックし、インストーラを2つ (python-3.2.2.msi と VPython-Win-Py3.2-5.74.exe) をパソコンに保存する。
4. python-3.2.2.msi を実行して Python3.2.2 をインストールしてから、VPython-WinPy3.2-.74.exeを実行する。これで VPython がインストールされ、デスクトップに「VIDLE for VPython」というショートカットが作成される。

三角関数曲線


  • プログラム


実行結果


化学問題


1モルの気体中にはおよそ 6.02×1023 個の分子が含まれており、標準状態ではおよそ V = 22.4[l] を占める。xcm3 中の分子の数を求めるプログラムを書きなさい。

  • プログラム

実行結果


(‘bunnsi=’, 2.6875000000000004e+19)

物理シミュレーション(放物運動)


3Dモデルライブラリー

・プログラム


実行結果


 

物理シミュレーション(反発運動)


・プログラム

実行結果



物理シミュレーション(反発運動)


・プログラム


実行結果